Balderdash#blog : Windows Vista でフォルダやファイルの削除

2008年09月14日

▽ Windows Vista でフォルダやファイルの削除

自分のPCが今はWindows Vista なんですが、
フォルダやファイルの削除が困難なファイルが出てきました。

というか、だいぶ前からあったんですがね。いつの間にか。
早く気づけば普通に消せるんであろうMicrosoft updateのゴミフォルダ&ファイルです。

Dドライブに勝手に作成された、謎の文字列なフォルダで
エクスプローラ上で普通に右クリック→削除では権限がどうとやら、セキュリティ適用のエラーやら、
うまく削除できません。

何故消せないのか詳しく調べてもよくわかりませんでしたが、多分何度かOSの入れ直しを行っているために
以前のユーザーで作成された暗号が解けず、Windowsは権限も移せず消せなくなっていたかと思います。

で、まぁ結局消せたわけですが、役に立ったツールのご紹介です。


>>WEBカテゴリー[ 雑記 ]

まず、基本的に消せなくなったファイルやフォルダは
Windows起動前のコマンドプロンプトで直接指定して消してやれば消えます。
もちろん、HDD自体が破損してなければですが。
Windowsが起動してしまうとWindowsのルールやセキュリティ等で消せなくなるわけですね。

なのでWindows起動の前に消せばいいわけです。

やり方は手動かフリーソフトで自動の2択。

面倒でも手動でやるならセーフモード立ち上げてください。
あとはコマンド打ち込んで対象フォルダorファイルの削除です。
手動のやり方は割愛です。面倒なので。

で、自分の行ったフリーソフトですが、
XP以前だと、そういった類のフリーソフトはたくさんあります。
が、問題なのはVista対応にはすぐ有りつけなかったこと。

多分すぐ見つかるとは思うんですが、”消せない原因”とかもいろいろ探していたのでちょっと時間かかりましたね。
Vista対応ソフトの在りかがネックでした。
いくつかフリーソフト使いましたが、Vistaの文字がないものはまず使えません。
インストール出来ても消せませんでした。

たどり着いたのがReboot File Deleterというフリーソフト。
公式はこちらhttp://homepage3.nifty.com/t-sugiyama/

使い方はいたって簡単。
解凍→立ち上げ→ファイルorフォルダ指定(もちろん複数混合可)→Windows再起動

ユーザー権限もお構いなしに削除してくれたようで、
うちのPCにあった謎のWindows updateゴミを綺麗にしてくれました。

※もちろん環境によってうまくいかない場合もあるかもしれませんので
ReadMeファイルをよく読んで自分の環境に合わせてください。

久々に良ソフトに出会ったので思わず紹介でした。


>>[ 雑記 ]関連人気blog

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://takenoko.jp.land.to/mt/mt-tb.cgi/188

[ 雑記 ]に関連する記事