Balderdash#blog: 映画 アーカイブ

2009年10月08日

▽GANTZ 実写映画化決定

GANTZ 実写映画化決定・・・ 

玄野 計:二宮 和也
加藤 勝:松山ケンイチ

2011年に公開だそうで。

[ GANTZ(ガンツ) ]

以下公式発表文

時代がついに追いついた!
04年のTVアニメ放映を経て、熱望する声が上がりながらも、映像化困難な作品としてなかなか実現できなかった「GANTZ」完全実写映画化がついに決定。
主演には人気実力ナンバーワンの2大キャストが初共演。
「硫黄島からの手紙」で世界的な評価を受け映画出演へのオファーが殺到する中、満を持して「GANTZ」に挑む二宮和也と、デスノートの"L"、を始めとした特異なキャラクターを演じきり、直近では「ノルウェイの森」の主演を務め、同じく世界から注目される松山ケンイチが、極限状態での人間ドラマと自らの肉体を駆使しての超過激なアクションを披露する。
監督にはアクション映画からラブストーリー、最新CGアニメまで、幅広いジャンルで活躍する佐藤信介。高い身体能力を要する生身のアクションと最新CG技術の融合、リアルな東京を鋭く切り取ったセットでの爆破や斬新なカメラワークによる映像美を、ドラマ、アクション、CGすべてに高い知識と実績を持つ佐藤監督が作り出す。
日本トップクラスの才能と『デスノート』・『20世紀少年』を成功させてきた日本テレビ・プロデュースチームがタッグを組んだ、前後編2部作の超ビックプロジェクトがついに始動する。
続きを読む・・・

2007年10月15日

▽SAW4

はい、この時期恒例?となりました、SAWシリーズの続編SAW4が今年も公開です。

SAW4日本語オフィシャル

先日WOWWOWでシリーズ連続で放送していたそうです。
観た方も多かったのでしょうか?

続きを読む・・・

2006年09月12日

▽SAW3 日本語公式サイト開いていたのね

5/28に書いたSAW3の発表記事

あれからもうすぐ4ヶ月というところでやっと日本の公式サイト[ http://saw-3.jp/ ]がオープンしました。

本家公式サイトではさっそく予告編を流した模様です。

 

続きを読む・・・

2006年06月25日

▽ポセイドン

CMや公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/poseidon/
予告を観て面白そうだったので足を運びました。

パニック映画のハラハラ・ドキドキ感はうまく出されていたと思います。
しかし、何故?と疑問に思う点もいくつか・・・
アルマゲドンと被ったりもしますがそれなりには楽しめました。

DVDじゃ迫力無くなる感じしますので観たい方は映画館での鑑賞がオススメ。

上記に挙げた疑問点などは少々ネタバレにもなりそうなので追記で書きます。

続きを読む・・・

2006年05月28日

▽ダ・ヴィンチ・コード

いろいろと話題のダ・ヴィンチ・コード観てまいりました。
Sony Pictures - ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コード・ファンサイト

公開前のカンヌ特別上映でかなりの批判を食った作品ですが、
公開後はそこそこ動員数上げている模様です。

とはいえ、お国によっては上映中止とか、一部カットあり等の規制を受けているのも事実。
宗教上の絡みでしょうね。

<関連記事>
Sankei Web 生活・文化 米では公開3日間で84億円…期待外れ? ダ・ヴィンチ・コード(05/22 08:19)
Sankei Web 国際 ソニー製品を買うな 「ダ・ヴィンチ・コード」抗議(05/18 19:04)

続きを読む・・・

▽SAW3

やっぱ出るんですね。

SAW3
[ SAW III - OFFICIAL MOVIE SITE ]

日本のオフィシャルサイトはまだ出来ていない模様ですが、
もう少ししたら出来るかな?
SAW2のオフィシャルも結構早かったし。

さてさて、内容気になるところです。

続きを読む・・・

2005年12月09日

▽プルーフ・オブ・マイ・ライフ

2006年1月14日公開の期待作。
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」オフィシャルサイト

ストーリー

輝く美貌と天賦の才能を持ちながらも天才数学者の愛する父(アンソニー・ホプキンズ)の死をきっかけに、
自らの人生を封印してしまったキャサリン (グウィネス・パルトロワ)。

父の弟子の数学者ハル(ジェイク・ギレンホーラ)のやさしさと出会い、
少しずつ心を開いていくが、父の書斎から世紀の数学の<証明(プルーフ)>が見つかったことから彼女の運命は大きく変わっていく.....。

続きを読む・・・